本文へスキップ

民医連とは CONCEPT

私たち民医連は無差別・平等の医療と福祉の実現をめざす組織です

民医連の歴史

 戦後の飢餓と伝染病が蔓延するなか、医療に恵まれない人びとと医療従事者が手をたずさえ、民主診療所を各地につくりました。私たち全日本民主医療機関連合会(略称:民医連)は、これらの連合体として1953年に結成されました。それから半世紀、私たちは働くものの医療機関として、何よりも地域の人びとの声を大切にし、切実に求められる医療を実践してきました。そして、人権を守るために社会保障充実の運動をすすめ、災害救援、労働災害、公害や環境などの社会問題にも力を入れてきました。
 現在、私たちの施設はすべての都道府県にあり、その数は1500ヶ所をこえ、約5万人の職員が働いています。診療所や病院、介護・福祉施設、薬局などを中心に、予防から治療、在宅ケアまで、保健・医療・福祉にわたる総合的な活動をすすめています。
 富山民医連は、1950年(昭和25)に労農救援会「歯科診療所」から始まりました。現在では、1病院・2診療所・1老人保健施設・1特別養護老人ホーム・4保険薬局・その他在宅関連施設などがあります。そして、以下に掲げる、民医連綱領や医療・福祉宣言を実現させるため日々活動しています。


民医連綱領 (全文)

1.人権を尊重し、共同のいとなみとしての医療と介護・福祉をすすめ、人びとのいのちと健  康を守ります
1.地域・職域の人びとと共に、医療機関、福祉施設などとの連携を強め、安心して住み続け  られるまちづくりをすすめます
1.学問の自由を尊重し、学術・文化の発展に努め、地域と共に歩む人間性豊かな専門職を育   成します
1.科学的で民主的な管理と運営を貫き、事業所を守り、医療、介護・福祉従事者の生活の向  上と権利の確立をめざします
1.国と企業の責任を明確にし、権利としての社会保障の実現のためにたたかいます
1.人類の生命と健康を破壊する一切の戦争政策に反対し、核兵器をなくし、平和と環境を守  ります

 私たちは、この目標を実現するために、多くの個人・団体と手を結び、国際交流をはかり、共同組織と力をあわせて活動します。

2010227
全日本民主医療機関連合会 第39回定期総会で決定

富山民医連の医療福祉宣言

私たちは、
1. 人権を尊重し、利用者の立場にたった医療と福祉のために最善を尽くします。
2. 医療と福祉のもつ公共性と非営利の理念を大切にします。
3. 常に医療と福祉の成果に学び、その質の向上をめざします。
4. 利用者との「参加・協同」を強め、より良い医療と福祉をめざします。
5. 地域に根ざした、開かれた医療と福祉の活動をすすめます。
6. 平和を愛し、命が大切にされる世の中になるようとりくみます。

富山民医連現勢

職員数500名

富山医療生活
/////協同組合
富山協立病院、富山診療所、水橋診療所、在宅総合福祉センターひまわり、在宅総合福祉センターきずな、在宅総合福祉センターえがお、在宅福祉総合センターぽぷら、こばと保育園
株式会社
  ふれあい薬局
ふれあい水橋薬局、ふれあい豊田薬局、ふれあい新湊薬局、ふれあい薬局千石町店 
 社会福祉法人
  とやま虹の会
老人保健施設レインボー、特別養護老人ホームしらいわ苑、小規模ケア施設市江やすらぎの郷、小規模ケア施設中村町ぬくもりの湯、訪問看護ステーションにじ、デイサービスかけはし
 有限会社
メディオール富山
 



バナースペース

富山県民主医療機関連合会

〒931-8501
富山市豊田町1丁目1−8

TEL 076-444-5651
FAX 076-444-5652

医系学生サポートセンター富山

〒930-0105
富山市古沢519-1

TEL 076-436-1863
FAX 076-436-1863

地域の住民への健康チェック活動

震災復興支援活動

在宅医療



街頭署名活動



地域の人々との健康学習会